肩書について

合同会社での肩書について

会社勤めをしている人の多くは自分の名刺を持っており、新しく会う顧客に対して自分の氏名などを覚えて貰う目的で名刺交換をします。
また、役職が付いている人の名刺には係長や課長、部長と言った肩書が記載されており、会社の社長の場合は代表取締役社長と言ったことが名刺に記載されています。

但し、これは株式会社の場合の話であり、合同会社の場合は、名刺には部長や課長、代表取締役と言った事が記載されていないのが特徴です。

合同会社と言うのは新会社法が施行された際に新しく追加された会社スタイルで、海外などでは古くから存在していた会社スタイルです。
平成18年の新会社法が施行された時に、有限会社が廃止され、代わりに合同会社が追加されたのが特徴で、この会社のスタイルは出資者全員が代表社員と言う肩書を持つのが特徴なのです。

そのため、定款の中で定めなければ出資者全員の名刺には代表社員と言った肩書が記されている事になるのです。

合同会社は、全員が代表社員、全員が株式会社で言うところの代表取締役と言う意味になります。
代表取締役と言っても合同会社にはこのような役職などは無く、会社を作った人全員が代表権を持つと言った特徴が在ります。

但し、他の会社から見た場合、誰が会社のトップであるのかと言ったことが解り難いと言うデメリットも在ります。
会社のトップと契約を交わしたい場合など、誰が会社のリーダー的存在なのかと言ったことを要求してくるケースもあるわけです。

新会社法が施行された時に、様々な部分で緩和が行われています。
例えば、最低資本金額が1円から、株式会社の場合は取締役は1名から、監査役は任意と言った具合に様々な部分で規制が緩くなっているのですが、これに伴い定款についても自由度が高くなっており、会社法の法律に違反をしなければ定款の中で定めた事について効力を持たせることが出来るようになっているのです。

合同会社の場合は全員が代表権を持つ代表社員と言った特徴が在るのですが、会社の代表を選任する事も可能です。
この場合は、定款の中で誰が代表社員であるのか、誰が業務執行を行う社員であるのかと言ったことを記載しておくことで、名刺などの肩書を変える事も出来ると言われているのです。

また、合同会社の出資者の中には出資はするけれども、会社の経営に口添えをしない、代表権を持つことや業務執行を行わないと言う人も居ます。
このようなケースも定款の中で定める事で社員の構成を作り出せると言った特徴が在るのです。